こんにちは。たろうです。
今日は「これから資産運用を始めたい」「資産運用のやり方がわからない」と言う人に向けて、資産運用を行う上で、大事な思考方法について書いていきたいと思います。それはズバリ「収入と支出の把握」です。



mark_yen_okaikei




これから資産運用を始めたいと思う人の中にはサラリーマンが多いと思います。僕も30代のサラリーマンです。
サラリーマンなら毎月お給料がもらえるのますが、自分の収入と支出を把握できない人は資産運用をしても意味がない、というよりも出来ないと思っています。

この記事を読んでいるあなたは「パーキンソンの法則」というものを知っていますか?
パーキンソンの法則は1958年にイギリスの歴史・政治学者であるシリス・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則です。

この法則は大きく2つあります。

第1の法則
 仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

第2の法則
 支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

第1法則は仕事について、第2の法則はお金についての法則になっています。
第1の法則「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」は常に時間を意識して行動しなければ、無駄なことをして時間を食いつぶしてしまうということを意味しています。本来なら半日で終わるはずの仕事に、丸1日時間をかけてしまうという感じですね。

第2の法則「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」は収入がいくら大きくても全て使い切ってしまうことを意味しています。
あなたの周りに、給料日前になると「お金が無い」という人はいませんか?
こういうことを言う人はパーキンソンの第2の法則に当てはまっていると言えます。

大切なことは、毎月の収入が10万円であろうと、100万円であろうと常に支出をコントロールをして一

定金額を手元に残すということですね。

あのアメリカの投資家ウォーレンバフェット氏もこう述べています。

  • お金を使った後で、残った分を貯金するのではない。貯金した後で残った分を使うのだ

どうしてもお金を使ってしまい貯金できないという人は、予め収入の一部をなかったことにしておき、無かったことにした金額を貯金しておくという方法がいいかもしれませんね。

資産運用によって資産を築きたいのであれば、その原資となるお金を抽出しなければなりません。
しかし、支出の多い人はその原資すら作れません。

いろいろと偉そうなことを書いてきたので、収入に対してどのくらいの支出なのかを公開していきたいと思います。

=============================================================

6月収入

給与手取り:221,421
(その内残業代:30,590)

6月支出

支出総額:179,227
内訳
投資資金:130,170
家賃:40,000 ←実家暮らしのため食費・光熱費込みとなっています
ゲーム代:2,314
携帯代:1,278
その他:5,465

収支合計:16,869

==============================================================

以上です。
この差額の金額が私が自由に使えるお金となるのですが、私は給与収入のうちの残業代は生活費に含めていません。
残業代は今後病気になった時のための病院代として毎月別枠で積み立てています。
そのため、実際の給与収入は 196,096 と考えて計算しています。
また、株式投資から得られる配当金についてですが、もらった配当金はそのまま投資資金に回しているので収入には含めておりません。
そういうわけで、6月の収支はプラスの16,869となります。

今月の給与は、会社の売り上げが100億に到達したとかで、特別にちょっと多くもらえています。
そのため、来月の給与収入はちょっと下がるかもしれませんね。

投資資金についてですが、私は株式投資に毎月10万円と、手取りの約20%を貴金属に投資しております。最近住民税が増えたため、今後はこの辺の固定費を見直すかもしれません。
ゲーム代は、月額課金のFF14、PlayStationPlus、それとゲームとは違いますがAmazonPrimeの料金も含まれています。
携帯代についてですが、私はTSUTAYAのスマホ「TONEモバイル」を使っています。
月額1,000円+電話代のため、大手の携帯会社よりも大幅に抑えられています。
その他の項目についてですが、これは当ブログのドメイン代となっています。3年契約でこの金額です。

基本的に仕事以外では家に引きこもって、ゲームやブログ、Youtubeなどをやっておりますので支出はすごく少ないと思っています。
現在は独身で実家暮らしなので支出もこの額で済んでいます。このメリットを活かして今のうちに少しでも「お金のなる木」を育てていこうと思います。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット