こんにちは、たろうです。
興味深いネタを見つけたので、たまには時事ネタを書いてみます。

損害保険ジャパン日本興亜が2020年度までに従業員4000人を配置転換するそうです。
ITの導入で業務が効率化されたため、これまでその業務を担当していた従業員が対象とされるみたいです。
配置転換先は、なんと介護職!

介護をしているグループ会社へと配置転換するようです。
ツイッター上では「これまで全く畑違いの介護職へ問答無用で送り込み、嫌なら辞めてもらうといった『事実上のリストラ』ではないか!?」と言われていますね。
NEC、富士通、ソニーなども45歳以上の人材を大量にリストラしているようです。
リストラに応じない社員は、グループ会社への転勤、転勤にも応じない社員は解雇といったことをしています。

こういう記事も見つけました↓


1.会社にしがみ付くのは吉か凶か

ITが発達して、これまで人がで行っていた仕事を機械が行うようになり、その分人材が余るという自体が起きています。余った人材は、まだ機械化できない分野に回すのは当然と言えば当然なのですが、その当人がそれを拒否する場合解雇は仕方ないのかなぁ、と思います。
今後、リストラが進んでいくと同様の事例がたくさん出てくると思いますが、自分が嫌だと思う仕事ならば会社を辞めてしまえばいいんです。

仕事をする理由は人それぞれだと思いますが、その根底には「お金」があるのだと思います。
もし「お金のためにやっているのではない」という人がいましたら「明日からお給料がでないタダ働きになる」ことを想像してみてください。
大多数の人は会社のお給料以外に頂ける「お金」はないのですから「お金」のためなら自分が未経験・不得意な分野へ移ることも受け入れなければならないと思います。
受け入れられないのなら、素直に会社を辞めればいいだけです。
「あれも嫌だ」「これも嫌だ」だと話が進みませんし、それを争ってもお互いに時間の無駄だと思います。

2.あらかじめ対応策を立てておくべき

こうならないためには、会社のお給料以外にお金を得られるもの「資産」を持っておく必要があります。あのベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」では「資産」というものを以下のように定義しています。

  • 資産とは、持ってるだけでお金を運んでくるもの

世の中には持ってるだけでお金を運んでくるもの、いわゆる「権利収入」が得られるものがたくさんあります。
株や債券がその代表格です。
最近ではYoutubeやブログもたくさんの人が見てくれるようになると、収益化することが可能となっています。

3.それは無理?本当に?

こういうことを言うと「そんなこと出来ない」「無理だ」という人が出てくると思います。
もしくは「そんなこと誰も教えてくれなかった」と言う人もいるかもしれません。

そういう人が本当にいたとしたら、私はこう言葉を返そうと思っています。
  • 「そんなこと出来ない」
  • 「無理だ」
⇒やってもいないうちから「無理」だなんていうのは問題外。
 どうしても「無理」と言うなら一生会社に振り回されることを受け入れろ

  • 「そんなこと誰も教えてくれなかった」
⇒運が無かっただけ。
 それを知った今この瞬間から動き出せばいい。
 動かないことで招いた結果は自業自得だ

私も会社で過ごす時間以外のほとんどを「お金のなる木」の育成に取り組んでいます。
会社から貰うお給料も、生活費差し引いて余った分をほぼ全て投資用の資金としています。
投資は5年も前から行っており、それでようやくまとまった配当金が手に入るようになってきています。

自分でお金を生み出すということは、結果が見えてくるまで非常に時間がかかるものです。
日々会社で過ごして当たり前のようにお給料をいただいている会社員でいることが非常に楽な生き方だと思います。
楽をしているんだから、会社にしがみ付く以上は文句を言うべきじゃありませんね。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット